不動産担保ローンの申請

借りすぎない、早めに返すが基本

不動産担保ローンで資金繰り

不動産担保ローンの申請

不動産担保ローンに申し込むには、登記簿謄本、公図、身分証明書などが必要になります。

不動産を担保に借り入れをするわけですから、不動産の価値を正確に査定してもらう必要があるからです。

不動産担保ローンでは、まとまった多額の融資が受けられる場合もあるので、資金繰りに困ったら、相談に乗ってもらうのも一つのアイディアです。(情報サイト:http://illusion-ism.net/

フリーローンなので、資金の使用目的は問われません。

返済方法も、元利金等払い、一括、自由返済などが選べます。

手持ちの不動産の価値次第では、多額の融資を、長期返済で、比較的低金利で借り入れすることが可能になるわけです。

問題は、不動産担保ローンが返済ができなくなったら、当然担保としている不動産を売却して、借金の返済にあてることになります。

リスクが高い分、返済計画や借入金額、先の見通しなどはシビアに計画を立てる必要があります。

事業資金は、半年先に入金が入れば、借りた分の金額くらいは返せるからと、ついつい多額の借金が膨らむパターンがあります。

借入金が大きくなれば、支払も長期化します。

そうなると金利も当然高くつきます。

無理のない返済計画を立てるとともに、余裕のあるときは元本を減らすためにも、できるだけ返済していくこと。

この心構えが不動産担保ローンでは大切です。

▼お役立ちWEBサイト
長野県不動産鑑定士協会

Copyright (C) www.amantemusic.com. All Rights Reserved.

不動産担保ローンで資金繰り